牡蠣のオイル漬けのおいしい作り方 [お酒とおつまみ] Oil-packed oyster

★人気記事
★イチオシ記事

▼はじめての書籍が発売になります!
2021年9月10日発売【おとな料理制作室へようこそ】
予約受付中→ https://amzn.to/3jy9YaM

旬の牡蠣でおいしいオイル漬けを作りました。
▼詳しいレシピ、食材のこと、日々の徒然を、noteで綴っています
https://note.mu/otonaryouri
▼更新情報やお知らせはTwitterにて

たっぷり蓄えられた牡蠣の旨味をじっくりと焼いて凝縮、お醤油の香ばしさとオイルのコクを加えて、深みのある日本酒の10年古酒と合わせました。
共通するおいしい色調と香りで旨味を引き上げるマリアージュです。

【使った材料】
●生牡蠣(加熱用)…300gくらい
●塩(牡蠣を洗う塩水用)…適量
●醤油…15gくらい
●にんにく…1かけ、薄切り
●鷹の爪…1本、輪切り
●オリーブオイル(エクストラバージン)…50g〜

①ボールに塩水を作って牡蠣を入れ、軽くかきまぜるように洗う
②真水に入れ替えてさらに洗う、2〜3回水を替えてきれいになるまで洗い、水気を切る
③フライパンにオリーブオイル少々を弱火で温め、牡蠣の水気をペーパーで拭きながら並べてそのまま片面をじっくり焼く
④牡蠣から出てきた水分が減ってきたら、裏返してもう片面を焼く
⑤また水分が減ってきたら醤油を回し入れて、ゴムベラでからめるように混ぜ、
⑥水気がほぼなくなったら火を止めて冷ます
⑦容器に、にんにく、鷹の爪、少なめのオリーブオイルを入れておく
⑧牡蠣の粗熱が取れたら容器に加えて軽く混ぜ、オイルが足りないようなら少し足して、表面にぴったりラップを貼り付ける
⑨完全に冷めてオイルがなじんだら、
⑩好きなお酒をほどよく飲む

※オイル漬けの雰囲気は1時間後くらいから楽しめます

【飲んだお酒】
杉錦[ 山廃純米原酒 十年古酒]を飲みました。
熟成による醤油にも似た香ばしさが牡蠣の凝縮させた旨味を引き上げつつ、
山廃由来の酸味と心地よい苦味で後味もすっきり。

◆おとな料理制作室/美窪たえ◆
“あれ”食べたい、そういう強い願いの先にある食べ物の一つ、故郷の味・郷土料理をメインテーマにおいしいものを求める心を〝見える化〟するユニットとして活動しています。

本日もご視聴ありがとうございました。
私の考えるおいしいお料理とおいしいお酒をたくさんご紹介していきますので、
よろしければ是非チャンネル登録お願いします。

#cooking#sake

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする