【bento】簡単で可愛い♪ピーマン肉詰め弁当の作り方#596

★人気記事
★イチオシ記事

こんにちは、にぎりっ娘。です!japanese foodをお楽しみください。
▼今日のお弁当メニュー
・ごはん
・カラフルピーマンの肉詰め
・ちくわとキュウリのゴママヨサラダ
・ゆで卵、スナップエンドウ(塩ゆで)

【肉詰めピーマン】
<材料>
・ピーマン 10〜12個分
・玉ねぎ 1/2個
・小麦粉 適量
・合いびき肉 300g
・塩コショウ 適量
・コンソメ(茅の舎野菜だし)小1
・オイスターソース 大1
・卵 1個
・パン粉 大6
・牛乳 大3

※私はピーマン5個使い、残りはレンチンミートボールにしました。
ミートボールは冷凍保存も可能です。

【お弁当作り】簡単3品おかずのレンチン!ミートボール弁当bento#557

【お弁当作り】簡単3品おかずのレンチン!ミートボール弁当bento#557

※早送りで見たい方へ
【PC】画面右下の設定⇒速度⇒標準をお好みの倍速に変更
【スマホ】画面をタッチ⇒1番右の︙ボタンをタッチ⇒再生速度

★ブログ
 Blog「お弁当中」
 https://nigiricco.com

#お弁当 #うちで一緒にやってみよう #Stayhome with me
——————————————————————————————
【今日のお弁当箱】Today’s Obento box
◎萬洋 日本製 スス竹 二段弁当 ミニ ベルト付
https://amzn.to/2Jy4Hy3 (amazon)

【本日使用したキッチンアイテム】
◎ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド付 500ml/Pasteuriser
https://amzn.to/2ITPGWU

◎フライパン/ Fryingpan
ターク(ロースト)28cm / https://amzn.to/2MYJQ8f (amazon)
             https://a.r10.to/hD7QVH (Rakuten)
◎鍋/pot
DANSK(片手鍋)https://amzn.to/2I6HCVq (amazon)
        https://a.r10.to/hbqAgp  (Rakuten)
◎アルテレニョ カッティングボード /Arte Legno Cutting board
https://amzn.to/2I85qIC (amazon)
Shop「FULLangle」
 ※形違いですが、1点ものですので同じものはありません。
◎包丁 「タダフサ」170mm三徳包丁 /Kitchen knife
 https://amzn.to/36BxkV9
◎透明おかずカップ https://amzn.to/2z8IEZP (amazon)
◎計量スプーン https://amzn.to/2So25Kc (amazon)
◎ステンレスピーラー https://amzn.to/2OAXYFG (amazon)
◎チリトリ ザルボウル https://amzn.to/2Fc7bQu (amazon)
◎スパイスボトル https://amzn.to/2THyAyN (amazon)
 フリフリスパイスボトル https://a.r10.to/hvtrj4 (amazon)

※黒のシリコンボウルは、10年近く前に購入したもので、
おそらく無印で購入したと思われますが、現在取り扱いはないよう
です。
——————————————————————————————

【お弁当の詰め方】
1.温かいご飯をお弁当箱に詰め、冷ましておきます。
2.温かいおかずもお皿にとって冷ましておきます。
  前日のおかずを使う時は、レンジでよく温め直し、冷まします。
3.ご飯とおかずが詰まったら、よく冷めていることを確認してから蓋をします。

【腐敗防止】
★抗菌シートを使用する。
★お弁当を詰める前に、容器を酢やキッチン用アルコール除菌などで軽く拭いておく。
★トマトのヘタは取ってよく洗って入れる。
★ご飯を炊く時に、酢や梅干しを一緒に入れて炊く。
★保冷剤、保冷バックを使用する

【抗菌効果があると言われているもの】
★大葉、笹の葉、生姜、梅干し、わさび など
※梅干しは接した部分のみしか抗菌効果がないそうです。

!!注意事項!!
※生もの(半熟卵等)を扱う動画があります。
 季節や状況はそれぞれ異なりますが、お弁当に入れる際は
 食中毒の観点から完全に火を通すことをお勧めします。

※レシピは目分量です。お好みにより調整して下さい。

——————————————————————————————

**Since the English do not know, it has been translated by using the google translation.
I’m sorry when I make a mistake.**

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする