【お弁当の小技】もう失敗しないきれいな花ハムの作り方How to make flower ham

★人気記事
★イチオシ記事

※早送りで見たい方へ
【PC】画面右下の設定⇒速度⇒標準をお好みの倍速に変更
【スマホ】画面をタッチ⇒1番右の︙ボタンをタッチ⇒再生速度

こんにちは、にぎりっ娘。です!
今日は、リクエストいただいていた
きれいな花ハムの作り方を紹介します!

動画ではわかりにくいかもしれませんが、
よく見るとどの方向に繊維がはしっているか
わかると思います。
繊維にそって切り目を入れ、
繊維にそってくるんと巻いてあげれば割れません。
きれいな花ハムが出来ますように❤

※加熱しない料理(?)なので、夏のお弁当には向きませんが、
入れる際は、ビニール手袋をしたり、手をよく洗うなど清潔な状態で作るようにし、自己責任でお願いします。

——————————————————————————————

昨日、本当は常備菜をたくさん作ったのですが、
過去とかなり被ったので動画UPをやめました。笑

ブログに今週の常備菜をアップしているので、
よかったら参考になさってください♪

★ブログ
 「今週の常備菜!2017/7/11」
 http://obentotyu.blogspot.jp/2017/07/2017711.html

【お弁当の詰め方】
1.温かいご飯をお弁当箱に詰め、冷ましておきます。
2.温かいおかずもお皿にとって冷ましておきます。
  前日のおかずを使う時は、レンジでよく温め直し、冷まします。
3.ご飯とおかずが詰まったら、よく冷めていることを確認してから蓋をします。

【腐敗防止】
★抗菌シートを使用する。
★お弁当を詰める前に、容器を酢やキッチン用アルコール除菌などで軽く拭いておく。
★トマトのヘタは取ってよく洗って入れる。
★ご飯を炊く時に、酢や梅干しを一緒に入れて炊く。
★保冷剤、保冷バックを使用する

【抗菌効果があると言われているもの】
★大葉、笹の葉、生姜、梅干し、わさび など
※梅干しは接した部分のみしか抗菌効果がないそうです。

!!注意事項!!
※生もの(半熟卵等)を扱う動画があります。
 季節や状況はそれぞれ異なりますが、お弁当に入れる際は
 食中毒の観点から完全に火を通すことをお勧めします。

※レシピは目分量です。お好みにより調整して下さい。

——————————————————————————————

**Since the English do not know, it has been translated by using the google translation.
I’m sorry when I make a mistake.**

In my blog sidebar there is the translation button.
In the case of smartphones, it is available translation by the WEB version display.

#お弁当 #お弁当の小技 #花ハム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする