【塩ダレ】の作り方!澄んだスープのラーメン、とんこつラーメン、他の料理にも大活躍!

【塩ダレ】の作り方です。
今回は、浅利(アサリ)と昆布を強めに効かせた魚貝風味豊かな塩ダレを作ります。

ラーメンには通常、カエシ(醤油ダレ)と呼ぶ、お醤油を味の要として使いますがその場合醤油の濃い色がラーメンに付いてしまいます。

醤油ラーメンはもちろんそれで良いのですが、透き通った仕上がりにしたい場合や、
【塩ラーメン】と言われるスタイルに仕上げたい場合は、できるだけ醤油の色を出さない様に薄口醤油を使うタレを使います。

または薄口醤油も使わないパターンもあります。
今回は薄口醤油を使うパターンをご紹介します。

比較的手に入りやすい素材で作ってみました。

✦カタクチ煮干し
100㌘
✦日高昆布
50㌘
✦水1400cc
⇒これらを合わせて水出汁にします。
約24時間

✦薄口醤油
160cc
✦料理酒
100cc
✦浅利(アサリ)
200㌘(殻付きの重さ)
アサリを強く出したい場合はもっと入れて大丈夫です!
✦塩
150㌘
(食塩で大丈夫ですが、お好みの選んでみてもオッケーです)

ラーメン以外の料理にも使えます。
よかったら作ってみてお試しください😌

☆Twitter
毎日ラーメンの事を呟いてます😊
https://twitter.com/OsamuAoki5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする